スポーツ外傷とアキュスコープ

2021年10月14日

怪我、痛み

名古屋市瑞穂区いまむら接骨院の今村です。

顔面神経麻痺を発症してから昨日で約2週間が経ちました。
今までは目を瞑っても左だけ半目で白目でしたが、2週間でようやく両目で瞑る事が出来ました。まだまだ左目のウインクは出来ませんが、両目を閉じることが出来るとシャワーも楽になりますし、網膜が傷つきずらくなりますので少し安心します。発症直後は完全に左顔面が動かなかったのに対して今は食事も少しずつしやすくなっていますので健康のありがたさを日々感じています。

本日はスポーツ外傷についてお話ししたいと思います。
瑞穂区いまむら接骨院には部活や実業団等スポーツで怪我をして一刻も早く復帰をしたい方が多くいらっしゃいます。立地も地下鉄新瑞橋駅のすぐ目の前にあるため学校やお仕事帰りでも大変通いやすくなっております。
なかでも、いまむら接骨院に来ているスポーツ選手は「アキュスコープ」が一番人気です。スポーツを本格的にしている方は選手間での横の繋がりが広く、「アキュスコープが良い」、「アキュスコープが早く治るからいいよ」等、知り合いから聞いてアキュスコープの通電を受けにくる方が名古屋市内や市外からも多く来て頂いております。

実際、アキュスコープの通電を受けると怪我の治りが非常に早くなっている気がしますし、軽いものであればその場で良くなってしまいます。アキュスコープはNASAで開発されたアメリカ製の機器で、昔デビッド・ベッカムがサッカーアメリカW杯に奇跡的に復活出来たときに、このアキュスコープを使用したことがわかり、一躍スポーツ界で有名になりました。アキュスコープは機械が体内の体の状態を読み取り、その体に合わせた電気を流す仕組みになっています。同じような機器はいくつかありますが、アキュスコープは特許も取得していないのにも関わらず、いまだにどの医療メーカーもアキュスコープの体内読み取り機能は真似できていません。
それってすごくないですか?だいたい新製品って他のメーカーが真似して価格破壊が起きて、次第に淘汰されていく事がほとんどです。じゃあなぜアキュスコープは接骨院であまり普及していないの?と思うかもしれません。確かにそんなに効果が高いのであればもっと普及してもいいと思います。
それは「価格が高い」からです。購入費が高いんです・・・。そのため大手チェーン展開している接骨院などではまずアキュスコープを導入していません。チェーン店はどちらかというと人件費や内装にお金をかけますので、設備にお金をかけられないのがほとんどです。

私、いまむら接骨院の代表の今村はアキュスコープを導入して本当によかったと思います。確かに設備費は高くなりましたが、何より怪我の治りが早くなりますし、選手は試合に早く出たくて来てますので、治りが早くなり試合や部活動に早期復帰が出来ると、本当に導入してよかったと思います。

また、アキュスコープは怪我だけでなく、お身体の様々な不調にも非常に効果がありますので、お身体の不調で困っている方や他院でなかなか治らない方は名古屋市瑞穂区いまむら接骨院にご相談ください。

むち打ち症の初期対応

2021年10月9日

名古屋市瑞穂区いまむら接骨院の今村です。

総合病院の土曜日は外来がないためとても静かですね。明日退院予定ですが、口が少し動きやすくなり頬の筋肉もわずかに動いてきているため、少しでも希望が出て嬉しいですね。まだ目が完全に閉じることが出来ないため、少し不自由ですので完全に閉じる事ができるとかなり元の生活に近づくのではないでしょうか。

今日はむち打ち症についてお話しさせていただきます。
むち打ち症とは交通事故による追突などで首がむちのようにしなり、靭帯や筋肉などを損傷してしまう総称の事を言います。中には神経や脊髄が圧迫され重篤な症状が現れる場合もあるため初期治療が非常に大切になるため、適切な施術をしてもらう必要があります。間違っても首をボキボキ鳴らしたりして矯正するような施術は絶対にしないでください。

いまむら接骨院では交通事故によるむち打ち症の場合、まず提携先の整形外科へ紹介状を持って行っていただきます。先に整形外科へ行けばいいんじゃないかと思われるかもしれませんが、先に整形外科に行ってしまうと整形外科では接骨院等他の治療を併用する事を嫌がられますので後々の治療が納得行くまで出来ない可能性も出てきてしまいます。確かに良くならなかった時に何が良くないのか?悪化している施術があるのではないか?と疑ってしまいますからね。したがって、まずはいまむら接骨院に一番先に来ていただき、提携している整形外科へ行って検査していただき、施術は当接骨院でしていただくと、比較的納得いくまで施術を受けられる事も多いと思います。

また、MRIなどの検査を勧められた場合は出来るだけ検査するようにして下さい。もちろん必要であるから勧められるわけですし、仕事があるからとか、そこまで痛くないからとかの理由で拒むと後々の施術期間に影響も出ますし、何より検査を拒むということはほとんど痛くないのではと思われてしまいます。

実際、むち打ち症の場合、交通事故を起こした直後はそれほど痛くなくても2〜3日後に痛くなってくる場合が多々あります。交通事故後に痛くなくて1〜2週間経ってからやはり痛いからと言って病院を受診しても因果関係が認められなくなる可能性も出てきてしまいます。
したがって、少しでも気になる箇所があるようでしたら出来るだけ早めにいまむら接骨院にご相談ください。

また、むち打ち症の初期段階ではマッサージや牽引などをすると悪化するリスクも出てきます。いまむら接骨院のむち打ち症の施術は急性期に関してはアキュスコープという機器、急性期後には筋肉調整やAKAという関節調整などを組み合わせて痛めた首に負担がかからないような施術をしていきます。

交通事故後の施術に不安もあると思いますので、納得のいく施術が受けられるように、交通事故施術が得意な名古屋市瑞穂区いまむら接骨院に是非ご相談ください。

 

 

 

 

肩こりとストレートネック

2021年10月8日

首の痛み

名古屋市瑞穂区いまむら接骨院の今村です。

本日も病院からブログを書いています。病院では医師や看護師さん、清掃員等多くのスタッフがテキパキ働いていて皆さん非常に親切でストレスなく過ごしています。私も以前整形外科に勤務しておりましたが、総合病院ともなると関わるスタッフの数が桁違いで、命に携わる最前線で働く人たちには心から尊敬しますし、入院病棟で実際の現場を見ていると非常に勉強になります。この経験をいまむら接骨院の日々の現場にも還元出来ればと思います。

本日は肩こりとストレートネックの関係性についてお話ししたいと思います。
最近よく耳にするストレートネックですが、よくスマフォ首とも言われますが読んで字の如く「首がまっすぐになった状態」です。まっすぐでいいのでは?と思う方もいると思いますが、本来首の骨は軽い前弯と言って緩やかに曲がった状態が理想と言われています。
軽い前弯だと弓のように軽くしなり、およそ5キロとも言われている頭の重さを逃がす働きが出来たり、頸椎の関節の適度な動きが出やすくなり、結果として筋肉の血流を促すことが出来ます。

ではなぜストレートネックになるというと、いわゆる「姿勢不良」が関係します。スマフォの見過ぎやパソコンなどを長時間見る事によって無意識のうちに頭が前に出たり、下を向く事によって首がまっすぐになりいわゆる「肩こり」や「首こり」が悪化しやすくなります。

本来頭の重さは5キロ程度ですが、頭が1センチ前に出るだけでも6〜7キロの重さが首や肩に加わり、2センチ前に出ると8〜9キロの重さが首や肩に負担されていきます。ボーリングの玉で例えると、ボーリングの玉を手で持ち手のひらで支えてる事を想像してみてください。真上に支えている場合はそれほど重さは気にならないはずですが、2〜3センチ前に玉をずらすだけでも腕の筋肉が緊張してきます。それと同じように首が前に少し出るだけで首や肩には相当のストレスが加わり、結果として肩こりや首こりが助長されます。

また、首が前に出てくると肩も巻いてきていわゆる「巻き肩」になったり、背中も丸くなって猫背になったりさまざまな箇所で姿勢不良が連鎖していきます。それに伴い全身を覆う筋膜も引っ張られて緊張しますので腕や足などの不調を訴える人もいらっしゃいます。

肩こりとストレートネックの予防法

  • 顎をひく事

    顎をひくと自然と背筋が伸びて頭が前に出ていくことを防ぐ事が出来ます。壁に背中をつけてもたれかかってみるといつもどの程度頭が前に出ていたのか気づく事が出来ます。

  • 胸を張る事

    胸を張る事で巻き肩が改善しやすくなり、筋膜の張りが緩和され猫背の予防にもなりやすいため、肩こりやストレートネックの予防に繋がります。

  • お腹に力を入れる

    お腹に力を入れると腰や背中の姿勢が良くなり、首の姿勢も改善しやすくなります。

  • 適度なストレッチと運動

    姿勢不良が続くと動いてるはずの筋肉が固まり、循環不良を起こして元の姿勢に戻りづらくなりますので適度なストレッチや運動をしましょう。

  • 温める

    お風呂にはできるだけ浸かり、辛い時はレンジで温めるようなホットパックなどで首から肩にかけて温めてあげるといいでしょう。特に夏場の冷房などは寝ているときに冷えやすいため、衣類などで覆ってあげるのもいいと思います。

  • 環境を整える

    姿勢不良の原因となっている日常生活の環境を工夫してみるのもいいと思います。例えば、スマフォやパソコンのディスプレイの高さを目線に合わせる、パソコンの椅子を変える等少しの環境の変化だけでも肩こりが非常に楽になりやすくなります。

これだけの事を全て実践するのは難しいかもしれませんが、1つずつでもいいのでぜひ実践してみて肩こりやストレートネックの予防につなげてみて下さい。

また、具体的にやり方がわからない、今現在、肩こりや首こりが辛い方、ストレートネックが気になる方は名古屋市瑞穂区いまむら接骨院までご相談ください。

腰痛と長期臥床

2021年10月7日

名古屋市瑞穂区いまむら接骨院の今村です。

本日も入院中の病棟スペースよりブログを書いております。

今日は腰痛と長期臥床の関係性をお話ししたいと思います。
私代表の今村も入院中のせいか腰が痛くなってきました。当接骨院のお客様でも腰痛は一番多くいらっしゃいます。腰痛は40代以上で約2800万人と言われ、雑誌やメディアでも数多く取り上げられたり非常に多く耳にします。特に腰痛でも日常よく聞くものとして、朝起きる時に腰が痛い、寝ていたら腰が痛くなった、入院したら腰が痛くなった等、当接骨院にも多くいらっしゃいます。

その朝腰が痛くなった等の腰痛の原因として一番考えられるものとして、長期臥床(長時間寝ていてという意味、長期とは本来数週間、数ヶ月の事であるが今回は長時間という意味で用いてます)が原因になっている事が非常に多いです。
腰痛の全く無い方からすると、長時間寝てるだけなのになぜ腰痛になるのか?安静にしているのになぜ腰痛になるのか?等疑問に思われるかもしれません。

一番の原因としては「腰が硬くなる」事が考えられます。
腰痛の原因は簡単に分けると2つあります。ヘルニアや分離症等の明らかな原因がある場合を除いて、「使いすぎ」か「使わなさすぎ」かです。単純な事と思われるかもしれませんが、大きく分けるとこの2つです。たったこの2つの事だけですが、この単純な原因が取りきれずなかなか腰痛が治らない事が多いです。

実際には重労働などで腰に負担をかけすぎて使いすぎているか、デスクワークなどで座りすぎて使っていないか、または本来使わなくてはいけない箇所(筋肉や関節等)を使っていないか等です。

長時間寝ていて腰が痛くなる場合はもちろん「使わなすぎ」に該当します。
長時間寝ていると筋肉や関節の血流が悪くなり一時的に循環障害をおこします。腰の椎間板はいわゆる水を含んだスポンジのようなイメージで、日常生活で適度な圧が加わる事でスポンジに圧が加わり、血流が良くなり栄養が行き渡り、関節の柔軟性をある程度保っています。長時間寝ていると圧が加わらないため循環障害により一時的に硬くなります。

もう一つの原因としていわゆる「反り腰」が関係しています。
腰痛の方を多く見ているといわゆる「反り腰」が非常に多いです。反り腰の大半の方は背筋優位(腹筋より背筋の方が強い事)になっていますので仰向けで寝ていることによって背筋優位なために反りが助長され、いわゆる「反り腰」が強くなってしまいます。寝ている間に反りが強くなると関節や筋肉に負担がかかってきますので朝起きる時に腰が痛くなってきます。

それらの長時間寝ていて腰が痛い場合や朝起きる時に腰が痛い場合の対策として、横向きで寝ること、寝返りが適度にうてる環境で寝ることが大事です。横向きで腰を少し曲げて寝ることで反り腰の対策は出来ますし、寝返りを適度にうてるようになると循環障害を防ぐことが出来ます。
また、膝の下に丸めたタオルやクッションなどを敷いて腰が少し曲がった状態で寝るのも一つの対策です。
日常生活での対策としては腰や股関節のストレッチを多く取り入れたり、ウォーキングを適度に行い、普段から血流を促し、筋力を維持しておく事が最も大事です。

実際に腰が辛い方はもちろんですが、ご自身の今の腰の状態を詳しく知りたい、ストレッチの仕方がわからない、反り腰を改善したい方などは名古屋市瑞穂区いまむら接骨院にご相談ください。

14日より営業致します。

2021年10月6日

名古屋市瑞穂区のいまむら接骨院です。

ホームページをリニューアルしたばかりで申し訳ないのですが、体調不良によりしばらくお休みさせていただき、14日より営業させていただきます。

体調が悪くなり出したのは先月9月29日頃。なんだか顔半分の動きが悪い・・・かかりつけのお医者さんに聞いてみると「耳鼻科で見てもらうといい」との事で10月1日に近くの耳鼻科へ。すると「紹介状を書くので大きな病院へ行って検査してください」と言われました。大した事ないかなと思っていたらまさかの事に。病院の予約が10月4日に取れたので早速見てもらいました。
病名は「顔面神経麻痺」おそらく疲労やストレスなどで免疫力が低下し、本来持っているヘルペスなどのウイルスが耳付近に活性化して神経の領域である顔半分の運動神経を麻痺させたとの事です。

症状としては片目が閉じれない、口角が動かない、鼻の穴も開かない等左半分の顔がほぼ動かないです。不便なことは食事がしずらい(特に麺類はすすれない)、口すすぎで水が漏れる、笑うと口が逆側に異様に曲がる、目が閉じれないため角膜を傷つけやすいらしく、顔を洗う時やシャワーを浴びる時は片手で目を抑えながらでないと目が痛くなります。
調べてみると日本でも1年間に1万人に2〜3人いるみたいで男女差はそれほどなく(女性が多いかも)治るのに時間がかかるそうで、20〜30%は後遺症が残るそうです。

特に初期治療が大事らしく初期の段階で入院してステロイド点滴をしておいた方が後々の後遺症が残りにくくなるとの事でした。いずれにしろステロイドを投与したからといってすぐに麻痺が改善するわけでもなく、変化が出て改善してくるのは3ヶ月位と言われました。

今日で発症しておよそ1週間。左側の顔の筋肉にほんのわずかに筋収縮があるように思います。口角もかなりわずか(1ミリ)ですが上がってるような気がします。ただ、このわずかな変化ってすごく大事で今までは全く動かなかったものが動き始めてくれたので結構嬉しいかも。もし若い女性であれば顔半分が動かなければ最初はメンタルかなりやられそうですが、私自身いろんな意味でメンタル鍛えられてますので、まあなんとかなるかな、仕事もなんとか出来そうだし・・みたいな感じです。

ただ、やはり後遺症が残るのは日常生活がかなり不便になりますので、当接骨院に来ていただいてる皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、初期治療を優先して少しお休みさせていただきたいと思います。

14日より営業するつもりですが、まだまだ片目が閉じないためウインクしているように見えますし、左目はたまに白目になります。話し方も若干滑舌が悪くなっておりますのでご了承ください。

 

 

 

ホームページリニューアルしました。

2021年10月6日

名古屋市瑞穂区のいまむら接骨院の今村です。
当接骨院のブログをご覧いただきありがとうございます。
ついに10月にホームページをリニューアル出来ました。

いまむら接骨院のホームページを立ち上げて以降なかなか手が付けられず、ついに全面リニューアルすることが出来ました。これもホームページ製作会社、協力していただいたスタッフのみなさまのおかげであり、何より今まで頼りに当接骨院に来ていただいているお客様のおかげだと思っております。これからも瑞穂区や南区、新瑞橋駅周辺だけでなく、より多くのお身体の不調で困っている方々を救うことができればと思っております。

当接骨院はボキボキしない骨盤矯正や筋肉調整、先進の機器を使い肩こりや腰痛、産後の不調などお身体が辛くて困っている人を少しでも楽にしてあげたいと思い名古屋市瑞穂区に開業いたしました。
開業以来12年程経ちますが、これからも日々技術を磨き、先進の機器もアップデートしながら地域の皆様に微力ながら少しでも還元できればと思っております。