腰痛・ぎっくり腰

このようなお悩みをお抱えではありませんか?
page04
  1. 生活の中で、腰に痛みを感じやすい
  2. マッサージで一時的に良くなっては再発を繰り返している
  3. お尻から足にかけてしびれもある
  4. テレワークでデスクワークが増えて、腰痛が慢性化
  5. 朝起きたり、重い荷物をもつと腰に違和感がある

どうしてこんなによく腰が痛むの?

腰の痛み

今腰の痛みや違和感に悩んでいる方は、仕事のデスクワークで椅子に座りっぱなし、スマホを触っている姿勢が悪かったりと、長時間同じ姿勢でいることが多くなっていませんか?

腰痛の原因は、こういった普段の過ごし方の悪さによるものが大きいです。痛みの原因のすべてがそうというわけではありませんが、日常生活での身体の使い方が良くないと、身体はどんどん歪んでしまい血流が滞ります。
血流が滞ると体内では新鮮な酸素を取り込むことができなくなり、痛みの物質が発生します。また、身体のバランスや骨盤、背骨に歪みがでてきて、マッサージなどの簡単な対応ではすぐに改善することはできません。

できるだけ体に負担をかけない姿勢を保ったり、1~2時間に一度はストレッチを心がけたり、セルフケアを行うことで、腰痛にならないように心掛けることは可能です。

どの段階で整骨院や整体に行くべき?

頭痛

自分では痛みの原因が何か分からない状態だったり、辛くてセルフケアを考える余裕もない方、今どうしようもないひどい痛みを抱えている方は、痛みの原因を見極めるためにまずは専門家に見てもらう必要があります。
今ぴりぴりとしびれが出ている、ぎっくり腰になってしまった、仕事に集中ができないくらいの腰痛を抱えている方は、是非いまむら接骨院までご相談下さい。

腰痛の悩みで来られる方は、骨盤や股関節の動きが悪く、骨盤の深層筋の動きも悪くなっています。

腰痛と骨盤の関係

骨盤

腰痛と骨盤の関節である仙腸関節は、非常に関連があります。
仙腸関節は常に荷重を受ける「荷重関節」であり、腰から上の上半身の重みを地面から伝わる下半身との衝撃を吸収するいわゆる「ショックアブソーバー」の役目をしています。仙腸関節がゆがみ固くなると衝撃を吸収できずに腰など他の場所に不調が出てくるようになります。

なかなか治らない腰痛は仙腸関節の機能異常を疑ってみてもいいかもしれません。
いまむら接骨院ではその骨盤に対して「AKA療法」という関節運動学的アプローチを応用して腰痛やぎっくり腰の施術を行います。

AKA療法

腰痛と腸腰筋について

腸腰筋の図

腰痛と腸腰筋も非常に関連があります。腸腰筋は腰椎の前面にあり、①腰を支え姿勢を維持、②骨盤を安定化、③足を上がりやすくする、などの働きがあり、姿勢が悪くなると肩こり、腰痛、膝痛、内臓機能の低下など様々な事が起こってきます。

腸腰筋のアプローチ

腸腰筋は普段なかなか触ることができないため、いまむら接骨院ではお腹のへそのあたりからアプローチ致します。
施術は心地が良く、優しく行いますのでお年寄りからお子様まで安心して受けられます。

腸腰筋のストレッチ

腸腰筋のストレッチは写真のように足を前後に広げ、背筋を伸ばしたまま上体を下げていきます。写真では右側の腸腰筋が伸ばされています。これを左右かえて10秒ずつ行います。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアはよく見かける病気ですが、腰椎の間の椎間板の髄核が飛び出る事で神経等を圧迫して起こります。
症状も様々で軽度の場合は軽い痛み程度ですが、重度になると下肢の麻痺などもあり、早期の施術が必要になります。
検査はMRIなどの精密検査をする事で確定出来ますが、健康な人の腰のMRIを撮ってもヘルニアが見つかる事も多く、ヘルニアと言われた場合でも実は仙腸関節が原因になっている事もあります。
もし、ヘルニアと言われてなかなか良くならない場合はぜひ一度いまむら接骨院にご相談下さい。

障害神経と症状

腰の神経が圧迫されている場所と症状になります。もしヘルニアと言われて圧迫されている場所と下記の症状が一致しない場合は違う原因がある可能性があります。

神経根運動障害知覚障害反射低下・消失
L4足関節の背屈・内反低下足の親指内側~下腿内側膝蓋腱反射
L5足の指の背屈低下
踵立ち困難
足の1~4趾~下腿中央
S1足の低屈力・外反力低下
爪先立ち困難
足の小指~下腿外側アキレス腱反射

筋々膜性腰痛症

筋々膜性腰痛とは、腰痛の中でも疲労や姿勢不良などで起こる腰の筋肉の炎症が原因のものを総称して言います。施術は人の「手」による筋緊張緩和とアキュスコープによって疼痛改善が見込めます。
ただし、疼痛改善はほとんどの方は見込めますが、なぜ症状が出たのかをくわしく見ていくと、骨盤の関節である仙腸関節という関節のゆがみや固さ、あるいは腸腰筋という腰椎の前側の筋肉が非常に固くなっていることがあります。
これらの原因を骨盤矯正などで改善していくと再発のしにくいお身体になっていきます。

坐骨神経痛

坐骨神経痛も日常よく見かける症状です。
原因は腰や臀部のあたりで何らかの原因で坐骨神経が圧迫され神経症状が発症して起こります。
主に臀部から下肢のしびれ、知覚鈍麻などが起こりやすく、重度になると筋力低下や麻痺も起こります。
施術はアキュスコープによる神経症状の緩和や仙腸関節の機能異常を改善します。

ぎっくり腰

日常生活で重いものを持ったり立ち上がったりした際に腰椎や腰の筋膜に損傷を受け不調が出ます。
程度は腰を曲げた際軽い違和感程度のものから、立ち上がれない程の重度のものまで様々で程度によっては施術方法もかなり違ってきます。軽度~中度ではアキュスコープを使い、重度ではコルセットなどの固定も必要になります。

腰椎分離症

いわゆる疲労骨折の一種で腰椎のつなぎ目(椎弓関節突起間部)の骨性連絡を欠くものをいいます。
原因は諸説ありますが、成長期にスポーツなどで腰椎下部に過度な負荷が繰り返し加わり起こるといわれております。経験上水泳の平泳ぎやバタフライ、器械体操などの腰を繰り返し反るスポーツに多のではないかと思います。
通常の施術ではアキュスコープによる疼痛緩和やコルセットによる固定も効果的です。

状況別腰の痛み

スポーツによる腰痛

スポーツ選手や部活動による学生さんにも腰痛は非常に多くなっております。

特に腰を反るスポーツに多く、成長期に反復した負担は慢性的な腰痛や疲労骨折になることもあり、注意が必要です。

朝起きた時の腰痛

朝起きたときに腰が辛い方は非常に多くいらっしゃいます。
原因として、
①腰や骨盤が固く、寝ている際に血行不良から動きがより悪くなっている。
②腹筋の低下から背筋が優位になり、反腰が助長され腰椎に負荷がかかる。
という事が考えられております。

交通事故による腰痛

交通事故による腰痛も比較的多くみられます。
衝突の際はむち打ち症が最も有名ですが、衝撃は腰にもかなり負荷がかかっています。むち打ちの辛さが治まってきた時に初めて腰の不調の辛さに気づく事もあります。

施術の流れ

カウンセリング

カウンセリング

不調のある所を詳しく伺います。 不調がある場合は何かしらの原因があることが多いです。
また、日常生活やお仕事、習慣的なスポーツなどがあれば差し支えない程度にお伺いします。

お体のチェック

お身体のチェック

お身体のチェックを詳しく致します。不調のある場所に原因があるとは限りません。原因が筋膜性又は関節からくるものなのか、あるいは仙腸関節由来なのか詳しく見ていきます。
腰痛のある方は、仙腸関節や股関節の動きが悪くなっている事がほとんどで、原因が違う部分にある場合もございます。

施術(手技)

施術(手技)

院長が一人一人丁寧に施術致します。いまむら接骨院では人の「手」によるやさしい施術にこだわり、お身体の状態を見て、日々変化する症状に合わせて施術も変えています。
特にお身体が辛い場合は、アキュスコープや関節調整、整体なども組み合わせます。

アキュスコープ

アキュスコープ

いまむら接骨院ではプロスポーツ選手も愛用するアメリカ製のアキュスコープという先進治療器も腰痛の治療に使用しております。
症状の緩和が非常に早く、ぎっくり腰から慢性的な痛み、ちょっとした違和感や神経痛の緩和にも期待出来ます。

骨盤矯正

骨盤矯正

とにかく辛い腰痛やなかなか治らない腰痛には、独自のボキボキしない骨盤矯正を行います。
関節運動学に基づき、やさしい力で施術いたしますので施術中は思わず眠くなるほどの心地よさです。

治療方針のお伝え

治療方針の説明

日常生活での注意点やストレッチ等の仕方、今後の通院期間を決めていきます。
施術だけ受けて自宅では何もしない方、院長の指導方針に協力的でないと、どうしても治りが遅くなる傾向があります。
少しでも早期回復が出来るようにお互いの信頼関係のもと、協力して一緒に頑張りましょう。

お客様の声

50歳 Y.M様 女性

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

W.K様 女性

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

H.C様 女性

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

M.S様 女性

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。

T・T様 女性

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。