スポーツ外傷とアキュスコープ

2021年10月14日

怪我、痛み

名古屋市瑞穂区いまむら接骨院の今村です。

顔面神経麻痺を発症してから昨日で約2週間が経ちました。
今までは目を瞑っても左だけ半目で白目でしたが、2週間でようやく両目で瞑る事が出来ました。まだまだ左目のウインクは出来ませんが、両目を閉じることが出来るとシャワーも楽になりますし、網膜が傷つきずらくなりますので少し安心します。発症直後は完全に左顔面が動かなかったのに対して今は食事も少しずつしやすくなっていますので健康のありがたさを日々感じています。

本日はスポーツ外傷についてお話ししたいと思います。
瑞穂区いまむら接骨院には部活や実業団等スポーツで怪我をして一刻も早く復帰をしたい方が多くいらっしゃいます。立地も地下鉄新瑞橋駅のすぐ目の前にあるため学校やお仕事帰りでも大変通いやすくなっております。
なかでも、いまむら接骨院に来ているスポーツ選手は「アキュスコープ」が一番人気です。スポーツを本格的にしている方は選手間での横の繋がりが広く、「アキュスコープが良い」等、知り合いから聞いてアキュスコープの通電を受けにくる方が名古屋市内や市外からも多く来て頂いております。

実際、アキュスコープの通電を受けるとお身体の調子が非常に早くなっている気がします。アキュスコープはNASAで開発されたアメリカ製の機器で、昔デビッド・ベッカムがサッカーアメリカW杯に復活出来たときに、このアキュスコープを使用したことがわかり、一躍スポーツ界で有名になりました。アキュスコープは機械が体内の体の状態を読み取り、その体に合わせた電気を流す仕組みになっています。同じような機器はいくつかありますが、アキュスコープは特許も取得していないのにも関わらず、いまだにどの医療メーカーもアキュスコープの体内読み取り機能は真似できていません。
それってすごくないですか?だいたい新製品って他のメーカーが真似して価格破壊が起きて、次第に淘汰されていく事がほとんどです。じゃあなぜアキュスコープは接骨院であまり普及していないの?と思うかもしれません。確かにそんなに効果が高いのであればもっと普及してもいいと思います。
それは「価格が高い」からです。購入費が高いんです・・・。そのため大手チェーン展開している接骨院などではまずアキュスコープを導入していません。チェーン店はどちらかというと人件費や内装にお金をかけますので、設備にお金をかけられないのがほとんどです。

私、いまむら接骨院の代表の今村はアキュスコープを導入して本当によかったと思います。確かに設備費は高くなりましたが、何より怪我の治りが早くなりますし、選手は試合に早く出たくて来てますので、治りが早くなり試合や部活動に早期復帰が出来ると、本当に導入してよかったと思います。

また、アキュスコープは怪我だけでなく、お身体の様々な不調にも非常に効果がありますので、お身体の不調で困っている方や他院でなかなか治らない方は名古屋市瑞穂区いまむら接骨院にご相談ください。