膝の痛み

お悩み
kansetsutsuu_hiza
  1. 歩くと膝に違和感がある
  2. 立ち上がりが辛い
  3. O脚になってきた気がする
  4. 階段を降りるのが辛い
  5. 正座が出来ない

どうして膝が痛くなるのか?

4046063_s
  1. 体重の増加
  2. 骨が変形している
  3. 筋力が低下している
  4. 筋肉・関節が硬くなっている
  5. 以前、怪我をした事がある
  6. 使いすぎている

膝が痛くなる原因は人により様々ですが、加齢によって膝関節の軟骨がすり減る事による痛みが多くを占めており、その他には急に歩きすぎた事やランニングをはじめた事による使いすぎが原因となっております。
しかし、加齢によってみなさんが痛くなるわけではなく、体重過多や筋力低下、関節の硬さ等が痛みを引き起こす事が多いため、日常生活や食生活などを見直してみる必要があります。また、関節の変形がひどい場合は病院などで精密検査をしましょう。

膝の痛みの対処法

膝 サポーター

安静・固定

膝の炎症が強い場合はサポーターや固定具を使い膝の安静を保つ事が大切です。

ストレッチ

関節や筋肉が硬くなっている場合は膝のストレッチを行うといいでしょう。ストレッチは反動をつけないで心地の良い程度で行って下さい。
また、炎症が強い場合はしないで下さい。

怪我、痛み

温める(または冷やす)

軽度の痛みであればお風呂などで温めますが、炎症が強い場合は氷で冷やす必要があります。
どちらか迷った場合は必ずご相談下さい。

膝の痛みの予防法

筋力強化

膝の大腿四頭筋を強化するには写真のように重りのような物を足首に巻き足を水平になるように挙げます。
この際、ももも一緒に上がらないように気をつけ、10秒を1セットとして10回行うようにして下さい。
慣れないうちは重りを巻かないで始めてください。また、足を挙げている時は息を止めないように気をつけて下さい。

膝の筋力強化

膝の不調でのお悩みはいまむら接骨院へ!

いまむら接骨院にお任せください

いまむら接骨院では膝の施術に力を入れております。

膝の施術は関節運動学を基本とした膝関節の施術と膝に関連する筋膜の施術、それらに先進機器である超音波ハイボルテージとアキュスコープ等を組み合わせて当院独自の施術をしていきます。
また、なかなか治らない場合は足関節の捻れや骨盤の状態も見ていきますので、他院で治らない場合は一度いまむら接骨院にご相談下さい。

当接骨院は名古屋市瑞穂区の地下鉄新瑞橋駅6番出口すぐにあり、大変通いやすくなっております。ちょっとした膝の不調から他院でなかなか治らない方まで諦めないでご相談下さい。

 

いまむら接骨院の膝の施術4つの特徴

  • 膝への超音波ハイボルテージ

    超音波

    瑞穂区いまむら接骨院では膝関節に超音波の深部温熱とハイボルテージの電気を同時にかける事で硬くなった関節や筋肉にアプローチします。

    特に膝の不調でお悩みの方はももの前側の大腿四頭筋という筋肉が硬くなっている事が多く、硬くなっている事で正座がしにくくなり、動かさないことでまた硬くなるという悪循環になりやすいです。

  • 膝のAKA療法

    膝のAKA療法

    関節運動学に基づいて膝関節から足関節にアプローチします。施術はボキボキしない優しい施術となっております。

    膝の関節は単純に曲げ伸ばしをしているだけではなく、関節運動学的には屈曲時に僅かな関節の滑りがあり、屈曲90度からはかすかに下腿(すね)の内旋(内側にひねる事)も行われるという複雑な運動がおこなわれています。

    いまむら接骨院ではそのような膝関節の動きを良くしていく独自の施術をしてまいります。

  • 膝へのアキュスコープ通電

    膝の不調にはアキュスコープ通電で早期回復を目指します。
    電気はほとんど感じることが出来ない弱さのため、電気が苦手な方でも安心して受けることが出来ます。

  • ハイチャージ通電

    ハイチャージ

    膝へのハイチャージ通電で深部へ高周波の電気を流し、同時に大腿四頭筋という太ももの筋肉を強化していきます。大腿四頭筋が強化されると膝の安定感が増し、膝を伸ばす力が強くなります。

    人間の筋肉は太ももの筋肉から落ちていくと言われていますので、筋力強化等何もしていないと太ももの筋肉が低下しやすくなります。