腱鞘炎

お悩み
3906200_s (1)
  1. 手を使うと手首が辛い
  2. 時々手首がズキっとする
  3. 赤ちゃんを抱っこすると手首に違和感がある
  4. 手首が辛いが仕事を休めない

腱鞘炎とは?

親指の付け根の腱鞘炎を「ドゥケルバン病」と言い、使いすぎなどにより腱が機械的な刺激をくり返される事で炎症を起こす事を言います。

近年ではスマートフォンなどによる指の使い過ぎや姿勢悪化も原因になるとも言われています。

腱鞘炎

なぜ腱鞘炎になるのか?

腱鞘炎になる原因は主に使い過ぎです。

指の腱には腱鞘と言って腱を包んで滑車のような働きをする組織があり、使い過ぎる事によりその腱と腱鞘の間で機械的な刺激が繰り返され炎症が起こります。

そのほかには出産後の子育てで腱鞘炎になることも多く、女性ホルモンのバランスが原因とも言われています。

腱鞘炎になりやすい人

・手をよく使う人

パソコンやお仕事、スマートフォンなどで手首や指をよく使う人は腱鞘炎になりやすいと言われております。

・姿勢が悪い人

猫背や巻き方で姿勢が悪い方も腱鞘炎になりやすいとも言われております。姿勢が悪いと腕や背中の筋膜に引っ張られ、指の筋膜が緊張して腱鞘炎を誘発しやすくなります。

・出産後のママさん

出産後はホルモンバランスが崩れやすく、また、子育てによって赤ちゃんを抱っこする機会が多くなるため腱鞘炎になりやすくなります。

腱鞘炎の対処法

腱鞘炎で炎症が強く、不調が強い場合は安静固定が原則となります。包帯や固定具を使い親指や手首が動かないようにし、特に炎症が強い場合は氷嚢などで冷やして炎症を抑えることが大切になります。

軽度の場合はお風呂でよく温めたりする事も可能ですが、使い過ぎている原因を把握して指に負担がかからないように心がけましょう。

腱鞘炎の予防法

腱鞘炎の予防は使い過ぎている主な原因を突き止め、生活環境を改善する事が大切になります。
ただ、お仕事で使い過ぎている場合は、なかなか改善することが難しいため、手首のストレッチやお風呂でよく温め血流を促したり、サポーターやテーピングで手首に負担がかからないようにする必要があります。

腱鞘炎は瑞穂区いまむら接骨院へ!

腱鞘炎で辛い方、なかなか治らない方は瑞穂区の新瑞橋駅すぐのいまむら接骨院にお任せください。

当接骨院では先進機器のアキュスコープや超音波ハイボルテージを使い辛い腱鞘炎にアプローチ致します。

また、手首の関節調整や姿勢悪化からくる筋膜調整など、多角的に施術することで再発防止も考えていきます。

いまむら接骨院の腱鞘炎の施術4つのポイント

  • アキュスコープによる腱鞘炎の施術

    アキュスコープ

    瑞穂区いまむら接骨院ではアキュスコープによって辛い腱鞘炎の不調に対してアプローチします。
    アキュスコープで機械が体内の状態を読み取り、身体に合った適切な電気を流して腱鞘炎の早期回復を目指します。

  • 超音波ハイボルテージによる腱鞘炎の施術

    超音波ハイボルテージ

    超音波ハイボルテージでは超音波による深部への振動熱と電気を流し、原因となっている腱や腱鞘の血流を良くして柔軟性を促し、早期回復を目指します。

  • 姿勢や筋膜からもアプローチします

    検査

    なかなか治らない腱鞘炎にはお身体の姿勢を見させていただき、猫背や巻き肩などの腱鞘炎の原因を探しアプローチしていきます。

  • 適切な固定をします

    腱鞘炎の痛みが強く炎症が起きている場合はサポーターでは炎症が引かない事が多く、日常生活で支障をきたす事が多いため、いまむら接骨院ではしっかりとした固定をお勧めしております。実際には固定用の樹脂で手首の型をとり固定具を作成します。当院の固定具はギプスとは違い取り外しも可能なため入浴も可能となっております。

料金について

料金 1500円〜5000円