14日より営業致します。

2021年10月6日

名古屋市瑞穂区のいまむら接骨院です。

ホームページをリニューアルしたばかりで申し訳ないのですが、体調不良によりしばらくお休みさせていただき、14日より営業させていただきます。

体調が悪くなり出したのは先月9月29日頃。なんだか顔半分の動きが悪い・・・かかりつけのお医者さんに聞いてみると「耳鼻科で見てもらうといい」との事で10月1日に近くの耳鼻科へ。すると「紹介状を書くので大きな病院へ行って検査してください」と言われました。大した事ないかなと思っていたらまさかの事に。病院の予約が10月4日に取れたので早速見てもらいました。
病名は「顔面神経麻痺」おそらく疲労やストレスなどで免疫力が低下し、本来持っているヘルペスなどのウイルスが耳付近に活性化して神経の領域である顔半分の運動神経を麻痺させたとの事です。

症状としては片目が閉じれない、口角が動かない、鼻の穴も開かない等左半分の顔がほぼ動かないです。不便なことは食事がしずらい(特に麺類はすすれない)、口すすぎで水が漏れる、笑うと口が逆側に異様に曲がる、目が閉じれないため角膜を傷つけやすいらしく、顔を洗う時やシャワーを浴びる時は片手で目を抑えながらでないと目が痛くなります。
調べてみると日本でも1年間に1万人に2〜3人いるみたいで男女差はそれほどなく(女性が多いかも)治るのに時間がかかるそうで、20〜30%は後遺症が残るそうです。

特に初期治療が大事らしく初期の段階で入院してステロイド点滴をしておいた方が後々の後遺症が残りにくくなるとの事でした。いずれにしろステロイドを投与したからといってすぐに麻痺が改善するわけでもなく、変化が出て改善してくるのは3ヶ月位と言われました。

今日で発症しておよそ1週間。左側の顔の筋肉にほんのわずかに筋収縮があるように思います。口角もかなりわずか(1ミリ)ですが上がってるような気がします。ただ、このわずかな変化ってすごく大事で今までは全く動かなかったものが動き始めてくれたので結構嬉しいかも。もし若い女性であれば顔半分が動かなければ最初はメンタルかなりやられそうですが、私自身いろんな意味でメンタル鍛えられてますので、まあなんとかなるかな、仕事もなんとか出来そうだし・・みたいな感じです。

ただ、やはり後遺症が残るのは日常生活がかなり不便になりますので、当接骨院に来ていただいてる皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、初期治療を優先して少しお休みさせていただきたいと思います。

14日より営業するつもりですが、まだまだ片目が閉じないためウインクしているように見えますし、左目はたまに白目になります。話し方も若干滑舌が悪くなっておりますのでご了承ください。